アイティフォー(東川清社長)は、5月27日、4月1日からの給与改定で一律2000円(執行役員、嘱託、パートタイマーは除く)のベースアップを実施したと発表した。

 ベースアップは、昨年の平均3000円アップに引き続き2年連続となり、2年間の合計で5000円のベースアップとなる。この結果、若手・中堅社員の基本給は定期昇給を加えると、2年間の合計で平均1万1000円増額、2年間での昇給率は約4.3%となる。大卒の初任給についても、昨年の3000円増額に続き、今年も2000円の増額を行う。

 同社では、15年3月期決算で、金融機関向けプロダクトやコールセンター向けCTIシステムなどの受注が順調に伸びていることを背景として、従業員のモチベーション向上による生産性向上と業績拡大、また新卒採用活動の強化を狙いとして、2年連続のベースアップを実施した。