ファーストリテイリング(柳井正会長兼社長)とアクセンチュア(程近智社長)は、6月15日、ファーストリテイリングの消費者向けサービスにおける新たなビジネスモデルの実現に向けて、協業すると発表した。

ファーストリテイリングの柳井正社長(左)と
アクセンチュアのジャンフランコ・カサーティ グループ・チーフ・エグゼクティブ(右)

 ファーストリテイリングは、ユニクロやジーユーなどのブランドをグローバルに展開し、企画から生産、販売、リサイクルにいたるまでを自社で行っている。しかし、社内に蓄積している膨大なデータを活用するノウハウが不足していた。今回のアクセンチュアとの協業によって、消費者へのさらなる満足の提供と快適な購買環境の構築を目指す。具体的には、情報の即時共有により、商品開発から販売、リサイクルまでのすべてのプロセスをシームレスにつなぎ、サプライチェーンの高速化や店舗の欠品率の低下などを図る。

 また、実店舗を利用する顧客の購買データを収集することで、ECサイトを利用する顧客と同じようなサービスを実店舗にも反映させる。顧客情報がみえない実店舗のアノニマスな現状から、顧客の好み、サイズ、購買履歴などのデータを「見える化」し、蓄積・分析することで、顧客の要望や趣向に合った商品や情報を、いつでも・どこでも届けられるような新たなビジネスの仕組みづくりに取り組む。

 このほかにも、アクセンチュアは、ファーストリテイリングのCRMやSCMなどの基幹業務システムのクラウドへの移行や、Eコマースのプラットフォーム構築などのIT基盤構築をサポートする。また、優秀なIT人材の採用・育成を支援し、ファーストリテイリングのITエンジニアの内製化をすすめる。

 ファーストリテイリングの柳井会長兼社長は「アクセンチュアとの協業により、従来の小売業の枠を超えたまったく新しい産業の可能性を国内外に示す」と述べ、まずは今年の秋冬シーズンから顧客情報のデータベース化や、顧客の購買の利便性を上げる新サービスの提供を目指す。(前田幸慧)