新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL、謝敷宗敬社長)のインドネシア現地法人であるPT. NSSOL SYSTEMS INDONESIA(NSIDN、渡辺薦社長)は、同国のITサービス企業であるPT.SAKURA SYSTEM SOLUTIONS(SAKURA、Arif Budhi Suyanto社長)の株式を51%取得した。

 SAKURAは1995年に設立、現在の従業員数は39人。インドネシアの日系企業を中心に、人事給与システムや生産管理システムなどの業務アプリケーション開発で、約20年に渡る豊富な経験を有している。一方、昨年8月に設立したNSIDNでは、製造業やサービス業、金融業などの日系企業向けにITサービスを提供しており、現地での開発体制の強化を目的にSAKURAの株式を取得した。