アスク(武藤和彦代表取締役)は、8月3日、PMC-Sierra社の12Gb/秒 Adaptec 8シリーズファミリの新モデルとして内部16ポート接続用RAIDアダプタ「Adaptec RAID 81605Z」を、8月上旬に発売すると発表した。

 Adaptec RAID 81605Zは、8シリーズファミリの他の製品と同じく、PMC-Sierra社最新のハイパフォーマンス12Gb/秒RAID-on-Chip(ROC)を搭載。RAID 0、1、1E、5、6、10、50、60に対応し、ロープロファイルMD2フォームファクタで最大16個のネイティブSAS/SATAポートにより、サーバーシステムの構成オプションに柔軟性を提供する。

 メンテナンス不要のライトキャッシュ保護(ZMCP)回路を内蔵しており、ライト時のパフォーマンスを必要とするアプリケーションに対し、最大のI/Oパフォーマンスを提供することが可能となる。SSDキャッシング機能は搭載しておらず、最大128個のシンプルボリュームが作成可能で、60ベイ以上のストレージサーバーをサポートする。

Adaptec RAID 81605Z

 税別価格はオープンで、予想市場価格は14万5000円前後。