ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)とミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、9月14日、ミラクル・リナックスのLinux OS「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」と、アドビシステムズ(アドビ、佐分利ユージン社長)が提供するWebコンテンツ管理ソリューション「Adobe Experience Manager」を組み合わせた「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始すると発表した。

Adobe Experience Manager on Azure の概念図

 ミラクル・リナックスでは、9月1日にMicrosoft Azureでエンタープライズ向けLinux OSの「Asianux Server」を発売。また、SBTでは、AzureからAzure上のLinux OSをトータルサポートする「Azure マネージドサービス -Asianux Standard Support-」を提供している。今回、SBTグループとして、Microsoft Azureのサービス利用をトータルでサポートする体制を整備し、Azure上のAsianux Serverに構築する商用アプリケーションの第1弾として、SBTによる高度な検証を行った「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始した。

 これにより、Azure、Linux、Adobe Experience Managerの運用監視などの窓口一本化や、アドビ製品、Microsoft製品、Linux OSともに豊富な実績と経験を基にした高品質なサポートやコンサルティングなど、国内で唯一、包括的な支援が可能となった。加えて、すべての手続き、法令、サポート、決済(円)を国内で完結できる。