ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)とミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、9月11日、ミラクル・リナックスのデジタルサイネージ製品「MIRACLE VISUAL STATION(MVS)」とアドビシステムズ(アドビ、佐分利ユージン社長)のWebコンテンツ管理ソリューション「Adobe Experience Manager」を連携した、デジタルサイネージのコンテンツ管理を行う「Adobe Experience Manager連携サービス」の提供を開始したと発表した。

 Adobe Experience Manager連携サービスでは、Webサイトをはじめ、モバイル、メール、コミュニティといったさまざまなデジタルチャネルのコンテンツ制作、管理、配信を提供するAdobe Experience ManagerとWebコンテンツを活用して配信可能なデジタルサイネージ製品のMVSを連携することで、Webサイトとデジタルサイネージのコンテンツ管理を統合することができる。また、設置エリアや天気などの環境条件にマッチした情報や、Webサイトのアクセス解析結果などの情報を利用して、デジタルサイネージに効果的なコンテンツの自動配信を実現する。MVS連携機能の追加により、コンテンツのターゲティング配信が可能となることで、企業が取り組むデジタルマーティングを支援し、ビジネスを加速する。

Adobe Experience Manager連携サービスの概念図

 今後は、デジタルサイネージのコンテンツ管理とコンテンツ配信に加えて、デジタルサイネージを消費者とのオフライン接点として、消費者の属性情報を収集・蓄積する機能の開発に取り組むなど、Online to Offline(O2O)マーケティングへの対応を予定している。

 SBTとミラクル・リナックスは、引き続き連携し、ビジネスを加速させる付加価値の高いサービスの提供を通じて、企業のO2Oマーケティングの発展を支援していく。