ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)とSecuLynx(セキュリンクス、久田正美社長)は、9月16日、両社の製品を連携し、未知のマルウェア検知から社内のマルウェア感染PCの特定・遮断までを自動化する、情報セキュリティの包括的な新ソリューションを共同で開発したと発表した。同ソリューションは、SecuLynxの不正機器接続防止製品「IntraPOLICE II」のバージョンアップの一環として、10月15日に提供を開始する予定。

ソリューションイメージ図

 IntraPOLICE IIは、機密情報漏えい対策の基本となる未承認端末(不正機器)の検出と即時遮断を行う製品。ウォッチガードの企業内ゲートウェイとなる次世代ファイアウォール「Firebox」と連携することで、未知のマルウェアに感染した端末の特定・遮断の高速化と自動化を実現し、二次感染による被害拡大や情報漏えいのリスクを低減する。

 セグメントごとに設置されるアプライアンス製品「IntraPOLICE II センサ」と、同センサを管理するソフトウェア「IntraPOLICE II マネージャ」で構成される。IntraPOLICE II センサでは、セグメント内を流れるすべてのARPパケットを受信し、ARPパケットに含まれるMACアドレスとIPアドレスをもとに未承認PC(=不正PC)を検知すると、強制排除し、IntraPOLICE II マネージャを介して管理者に通報する。

 税別価格は、IntraPOLICE II センサが15万円、IntraPOLICE II マネージャが28万円。