ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は10月8日、NECのIaaS型クラウドサーバーサービスをパッケージ化した「Express5800/CloudModel」向けに、自社開発バックアップツール「ActiveImage Protector 3.5 for Express5800/CloudModel」を提供すると発表した。販売は、NECと協業し「Express5800/CloudModel」専用ライセンスを10月8日に発売した。

 「ActiveImage Protector for Express5800/CloudModel」では、「Express5800/CloudModel」(CloudModel)の重要データを安全に保護するための高性能なバックアップ/復元機能を提供する。また、導入する上で、「CloudModel」の利用期間(1年間、3年間、5年間)と合わせ、購入しやすいライセンス体系を採用している。

 主な機能としては、稼動中のサーバーのバックアップ(ホットイメージング)、高速な増分バックアップ、重複排除圧縮機能(IDDC)、バックアップイメージの暗号化、SQL Server、Oracleのオンラインバックアップ、バックアップのスケジュール化と世代管理、ディスクイメージベースによる高速で確実な復元、ファイル/フォルダ単位の復元(イメージマウント機能)、イメージファイルの別サーバーへの復元機能などを備えている。

 価格はオープンプライス。同社では、NECを通じて、1年間で1億円の販売を見込んでいる。