ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は、自社開発のイメージングバックアップソフト「ActiveImage Protector」と「vmGuardian」のバックアップイメージファイルをリモートで管理できるツール「ImageCenter LE」の提供を、7月30日に開始した。

 ImageCenter LEは、ネットジャパンが開発、販売しているWindows/Linux用のバックアップソフトActiveImage Protectorのバックアップイメージファイルを、リモートからレプリケーション(複製)、コンソリデーション(統合)したり、VMware用のバックアップソフトvmGuardianのイメージファイルをレプリケーションできるツール。これにより、ActiveImage ProtectorとvmGuardianの両方のユーザーは、一元でイメージファイルをリモートで管理できる。

 ActiveImage Protectorには、イメージファイルのレプリケーションとコンソリデーション機能は装備されているが、バックアップを行っている同じマシン上でこれらの機能を同時に使うと、サーバーの負荷が大きくなり、ユーザーからは改善の要望が強く出ていた。今回リリースするImageCenter LEは、ActiveImage Protectorとは別のサーバーを使ってスケジュール動作させることができるため、負荷を分散して、サーバーの負荷を大幅に軽減できる。

 ImageCenter LEは、ActiveImage ProtectorまたはvmGuardianのユーザーであれば、無償でダウンロードして使用できる。