ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、10月15日、島根県松江市に松江ラボを開設したと発表した。

 松江ラボにはエンジニアが常駐し、Linuxなどのミラクル・リナックス製品のサポート業務をはじめ、OSS統合運用管理ソフト「Hatohol」に関する開発の一部、検証作業を実施する予定。開所時は3人のエンジニアが常駐して始業する。2020年には15人を目標に採用を進め、業務拡大を計画している。

 また、10月9日、ミラクル・リナックスは島根県企業立地促進条例にもとづく立地企業として認定を受け、15日に立地計画認定書を交付され、島根県、松江市、ミラクル・リナックスの三者で事業所などの立地に関する覚え書きに調印した。島根県では、08年からソフト系IT企業を積極的に誘致しており、県内での事業のスタートアップ段階で必要となる雇用補助のほか、人材の確保や育成についての支援などを行っている。松江ラボの開設にあたり、ミラクル・リナックスは島根県や松江市のさまざまな支援を受け、事業を早期に立ち上げることが可能となった。

 ミラクル・リナックスでは、松江ラボの始業に先駆けて、9月に島根大学での講義を実施するなど、地元教育機関との連携を実施している。松江ラボの開設により、OSSの開発・サポートを推進するとともに、今後も松江でのオープンソース活動に参画し、若年層へのOSS教育や雇用促進によって、地域の活性化にも貢献していく考え。