ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、最新のLinux OS「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5」の提供を、9月16日に開始した。

 「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」は、企業向けLinuxサーバー用途に加え、産業用コンピュータやアプライアンス製品など、特定業務用機器への組み込みにも多数の採用実績がある。これまでに累計10万本以上、年間1万5000本以上の出荷実績をもつ。最新版となるSP5は、Red Hat Enterprise Linux 6.7をベースに開発されている。

 従来バージョン「Asianux Server 4 SP4」は、エンタープライズ向けLinux OSとしては国産初となるMicrosoft Azure認証を取得し、9月1日からMicrosoft Azure Marketplaceで販売している。最新のAsianux Server 4 SP5も近日中にMicrosoft Azureに対応する予定。

 ミラクル・リナックスでは、今回のAsianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5の提供により、オンプレミス/クラウドの双方で企業でのさらに安定したLinux利用を支援していく。

 税別価格は、特定業務用機器(産業用コンピュータ/アプライアンス)向けLinuxライセンスが15万円/10ライセンス(1ライセンスあたり1万5000円)。標準サーバー向けラインアップは、「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5」が6万円、「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5 One」が3万6000円、「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5 バリューパック」が18万円、「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5 3年バリューパック」が45万円、「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5 5年バリューパック」が75万円。サポートサービスは、「アップデートサポート」が3万円、「プロダクトサポート」が15万円、「プラチナサポート」が個別見積、「プラチナインシデントサポート」が60万円。