プリンストン(中出敏弥代表取締役)は、オールインワンビデオ会議システム「コンパクトビデオ会議ステーション」に、2タイプの新モデルを追加し、10月9日に発売した。

 「コンパクトビデオ会議ステーション」は、ポリコムのHDビデオ会議システム「Polycom RealPresence Groupシリーズ」と、プリンストン製の白色LEDバックライト搭載ワイド液晶ディスプレイに、2.0chステレオスピーカーを付属したオリジナルのオールインワンビデオ会議システム。今回、デザインを一新した「VESAスタンドキットモデル」と「VESAブラケットキットモデル」の2モデルを新たにラインアップに加え、用途や設置環境に合わせてモデルを選択できるようにした。

デザインを一新した2タイプのモデル

 VESAスタンドキットモデルは、液晶ディスプレイ背面のVESAマウントに取り付け可能な新設計のスタンドキットを採用し、スタンド部分に「Polycom RealPresence Group 310/500シリーズ」の本体を設置できる。薄型ベゼルを採用した新しい液晶ディスプレイの採用により、スタイリッシュでコンパクトなオールインワンビデオ会議システムを実現した。主要なケーブルや電源アダプタなどはキット内部に収納可能で、スッキリと設置することができる。また、カメラ取り付け部とディスプレイはチルト調整が可能となっている。

 VESAブラケットキットモデルは、液晶ディスプレイ背面のVESAマウントに取り付け可能なブラケットキットを採用し、Polycom RealPresence Group 310/500シリーズの本体を液晶ディスプレイ背面に設置できる。電源アダプタや不要なケーブルはブラケットキット内部に収納が可能で、省スペースに設置することができる。また、背面には補助スタンドもついており、液晶画面のチルト調整を行った場合でも安定した設置を可能にしている。

 価格は、いずれもオープン。