ジェイズ・コミュニケーション(ジェイズ、愛須康之代表取締役)は、10月20日、ジグソー(山川真考代表取締役)と提携し、バラクーダネットワークスジャパン(林田直樹社長)の「Barracuda Web Application Firewall(Barracuda WAF)」をジグソーに提供すると発表した。

 Barracuda WAFは、Webアプリケーションや関連する機密データの包括的な保護機能を提供するソリューション。ジェイズでは、Webサイトへの不正アクセスの増加や、bashのぜい弱性など大きな被害につながりかねないぜい弱性が次々と発見されるなか、ネットワークセキュリティ、ネットワークインフラ技術に特化した企業としての強みを生かし、WAFを必要とする広範な分野の企業を対象に、各企業に最適な形態でBarracuda WAFを提供している。

 今回、ジグソーとの提携により、ジグソーが保有するオリジナル自動運用プラットフォーム「puzzle」上にBarracuda WAFを提供する。puzzleの自動検知・自動制御サービスとBarracuda WAFを組み合わせることで、顧客のセキュリティ課題の解決により近づけることができる。ジグソーでは、多くの顧客のWebセキュリティに対するニーズの高まりに対し、導入から導入後の運用までワンストップでのサービスを提供していく。