ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之代表取締役)とバラクーダネットワークスジャパン(林田直樹社長)は。12月8日、ジェイズ・コミュニケーションが「Barracuda Web Application Firewall(Barracuda WAF)」を一次代理店として製品の取扱いを開始すると共同発表した。

 ジェイズ・コミュニケーションは、ウェブサイトへの不正アクセスの増加や、大きな被害につながりかねない脆弱性が次々と発見されるなか、ウェブセキュリティソリューションへのニーズが高まると考え、商材を充実するために一次代理店として取り扱うWAF製品を模索していた。検討した結果、「Barracuda WAF」が他社のWAFソリューションと比較して、すぐれた機能をもち、セットアップが容易であること、さらに得意とするSMB(中堅・中小企業)マーケットのニーズに合致する価格帯であることから、取扱いを開始することにした。

 税別価格は、物理アプライアンスが128万5000円から、仮想アプライアンスが69万円から。ジェイズ・コミュニケーションは、ネットワークセキュリティ、ネットワークインフラ技術に特化した企業としての強みを生かし、WAFを必要とする広範な分野の企業を対象に、各企業に最適な形態で「Barracuda WAF」を提供し、国内WAFマーケットでのシェア拡大を図る。