ソフォス(纐纈昌嗣社長)とジェイズ・コミュニケーション(ジェイズ、愛須康之社長)は4月23日、ソフォスの製品をジェイズが一次代理店として販売するディストリビュータ契約を締結したと発表した。

 両社は今後、標的型サイバー攻撃対策のソリューションとして、ソフォスクラウドとUTMなどのネットワークセキュリティ製品の販売で協業していくとともに、共同でのセキュリティ対策セミナーの開催や広報活動を通じて新たな販売チャネルの開拓に取り組む。

 ソフォスは現在、企業ネットワーク上に分散するIT機器を包括的に保護するセキュリティプラットフォーム構想を打ち出し、セキュリティオートメーションによる異常検知と防御体制の実現を目指している。この次世代セキュリティ構想にジェイズが賛同。今回のディストリビュータ契約の締結に至った。

ソフォスのセキュリティプラットフォーム構想

 ソフォスでは今後、標的型攻撃をはじめとした多種多様なサイバー攻撃の脅威に対応するため、エンドポイントだけでなく、サーバー、ネットワークといったすべてのセキュリティポイントを相互に自律連携させるためのソリューションを順次提供し、新たなセキュリティプラットフォームを実現していく予定。

 ジェイズは、ソフォスの提供するセキュリティプラットフォーム製品を販売し、VAD(Value Added Distributor)としてネットワークセキュリティ製品の全国24時間365日のオンサイト保守とネットワークインテグレーションなどのサービスを提供する。また、両社は協力して新規販売店を開拓し、近年のセキュリティ脅威に対応するためのセミナーや広報活動を実施する。

 なお、ジェイズでは、4月にソフォス製品の販売を開始。また、ジェイズのパートナー向けイベントでのソフォスの講演、両社による共同セミナーの実施などを夏以降に予定している。ジェイズは、ソフォス製品について、マイナンバー対応に関わる公共分野、医療分野、流通分野を中心に初年度2億5000万円の売り上げを見込んでいる。