ネットワールド(森田晶一社長)は、パブリッククラウドサービスNETWORLD CLOUDを、10月23日に発売した。

 ネットワールドでは、今年2月からニフティ(三竹兼司社長)と戦略的なパートナーシップを締結し、パブリッククラウドである「ニフティクラウド」のサービスを販売している。今回のNETWORLD CLOUDは、VMware技術を基盤とするニフティクラウドのOEM供給を受け、独自のサービス・メニューを追加して提供するもの。

 DR(災害対策)を強化した「NETWORLD CLOUD DRサービス」は、ニフティからOEM供給を受ける「VMware vCloud AirTM Technology」をベースとし、VMwareの「vSphere Replication」によって、基幹システムのデータベースも含めた差分データを、NETWORLD CLOUD上にありながら稼働していないバックアップ仮想サーバーにコピーするサービス。万一の災害発生時には、クラウド側の仮想サーバー群を立ち上げることで迅速なシステム継続(Warm DR)を実現する。さらに、本格的な常時ミラーリング型のDR(Hot DR)やHAの要望には、ニフティクラウド内のNetAppストレージへバックアップを行う「DRサービス for NetApp」の提案と支援サービスも提供していく。

運用イメージ

 また、ネットワールドは、自社基幹システムのDRサイトとしてNETWORLD CLOUDを利用し、その経済性や利便性の実証実験に成功した。従来は、西日本の支店に本番環境を縮小したバックアップシステムを構築し事業継続に備えていたが、新たにNETWORLD CLOUDを利用することで、そのコスト比較や多目的での利用など、さまざまな観点で評価をまとめている。今後は、こうした経験を積みながら獲得したノウハウとともに、顧客へのハイブリッドクラウドの提案に生かしていく方針。

 NETWORLD CLOUDは、プリペイド方式での販売も行い、ネットワールドの販売パートナー各社による再販も可能としている。プリペイド方式によって、企業ユーザーは予算が確保しやすくなることに加え、予定していた利用料金を超える心配がなくなり、販売パートナーは請求金額が事前にわかるため、再販がしやすくなる。

 なお、同社では、NETWORLD CLOUDの使用感やパフォーマンスを体感してもらうため、「NETWORLD CLOUD DRサービス」を2か月間、無料で試用できるトライアル・キャンペーンを実施する。