ピー・シー・エー(水谷学社長)とサイボウズ(青野慶久社長)は、10月30日、両社が協業し、中小・中堅企業向け基幹業務クラウドサービス「PCAクラウド」と、業務アプリケーション構築クラウド「kintone」の連携ソリューションを来春に提供すると発表した。

 今回の連携ソリューションは、PCAが新たに開発したクラウドサービス間を連携する開発ツール「web API」を利用することで、販売管理業務で必要な得意先マスターや商品マスターの検索、売り上げデータの登録や在庫数の問い合わせなど、用途やニーズに合わせてkintoneからPCAクラウドに蓄積された基幹業務データにシームレスな連携を実現する。

 また、kintoneを利用してシステム開発を行う事業者では、基幹業務データが保管されているPCAクラウドにkintoneを介して接続できるため、サービスやアプリケーション開発の部品として、PCAクラウドを活用することが可能となる。これにより、販売管理業務だけでなく、財務会計や人事・給与など、企業のあらゆる基幹業務データを活用した新たなビジネスモデルの創出が期待できる。

「kintone」と「PCAクラウド」の連携ソリューション イメージ

 今後、PCAとサイボウズでは、連携ソリューションの販促活動を共同で実施する。まずは、11月6日ホテルニューオータニで開催するサイボウズ主催「cybozu.comカンファレンス2015東京」で、同ソリューションに関するブースを出展する。また、全国でPCAの事業戦略を発表する「PCA戦略フォーラム2016」でも、同様に出展を予定している。