オープンストリーム(吉原和彦社長)は、ビッグデータ技術とAWSの開発実績をもとに開発した「LogStream」プラットフォームの提供を、11月5日に開始した。あわせて、独自のビッグデータ解析技術をベースとしたモデリング・解析・通知サービス「RecoBee」(仮称)の開発を開始した。

 LogStreamプラットフォームは、ユーザーの行動情報をリアルタイムに収集・蓄積し、その情報をもとにして今までにないきめ細やかな情報発信を可能にするクラウド型サービス。モバイル端末だけでなく、IoTデバイスも含めて搭載しているGPSや基地局から得られる詳細な位置情報、センサによる移動速度・移動距離・姿勢情報などを収集しデータ化、ビッグデータとして取り扱えるようにする。

「LogStream」概要図

 収集して一次加工したデータを解析することで、ユーザーの行動を動きレベル(立つ・座る・歩く・走るなど)で認識することができる。さらに、独自のビッグデータ処理ノウハウを活用することで、BIツールなどのデータ解析ツールや各種通知サービスなど、データ活用先となり得る外部システムに向けて公開されたインターフェースを通じ、タイムリーで容易な連携を実現する。また、これらサービスをAWS上に構築し、クラウドサービスとして提供することで、迅速な利用開始とリーズナブルなコストを可能としている。

 現在開発中のサービスRecoBeeは、LogStreamによって収集・蓄積されたデータをもとにした行動解析を可能にするプラットフォーム。収集・蓄積した情報を、オープンストリームがもつリアルタイムデータ解析や、機械学習技術、AI関連技術と組み合わせることで、より詳細できめ細やかなタイミング・内容で情報発信が可能な環境を提供できるようにする。

「RecoBee」概要図

 なお、RecoBeeでも、各種クライアント向けのSDKを提供することで、簡単に利用可能な環境を提供する予定。