鈴与シンワート(池田裕一社長)は、11月6日、給与明細配信サービス「S-PAYCIAL with 電子給与明細」を、16年1月から平成28年分給与所得の源泉徴収票に対応すると発表した。

S-PAYCIAL with 電子給与明細サービス概要

 今年10月2日に所得税法施行規則などの改正が行われ、16年1月以降に給与などの支払いを受ける人が提出する源泉徴収票の新しいレイアウトが、10月30日に公開された。これにともない鈴与シンワートでは、提供中のサービスS-PAYCIAL with 電子給与明細で、新レイアウトに対応したサービスを開始する。

 S-PAYCIAL with 電子給与明細サービスは、給与明細書をパソコン、タブレット端末、スマートフォン、フィーチャーフォンなどのマルチデバイスで閲覧できるサービス。給与明細書や賞与明細書の発行、その配布などの作業に費やしていた時間とコストを大幅に削減できる。また、配布ミスや配布漏れがなく、遠隔地などや多くの拠点で勤務している従業員にも迅速・確実に届けることができる。

 税別価格は1人30円から。英語版も用意している。