鈴与シンワート(池田裕一社長)は、10月20日、マイナンバー対応人事給与アウトソーシングサービス「S-PAYCIAL+マイナンバーサービス」の機能を拡張し、よりスピーディにマイナンバー情報を収集・管理できるようにしたと発表した。

 「S-PAYCIAL+マイナンバーサービス」は、「データ入力」から「データ入出力」、「保管」、「帳票出力」、「フルアウトソーシングサービス」までを、必要なサービスごとに選択して利用できるマイナンバーサービス。

 今回の機能拡張では、QRコードとスマートフォンの連携により情報収集の効率化とスピードアップを実現。従来の書類のみの情報収集に加えて、郵送されたQRコードからスマートフォンで情報入力サイトにアクセスすることで、セキュアに短期間で情報の収集が可能となった。また、親会社である鈴与の文書トータル管理サービスと連携することで、大量の初期収集を短期間で処理できるようになった。