NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、従来のパソコン利用を前提としたレガシーなITシステムを改修することなく、新しいワークスタイルに合わせた使い勝手を実現するエンタープライズ向けマイグレーション・サービス「IT Fromage」の提供を、12月8日に開始した。

 IT Fromageは、個々のシステムごとにスマートデバイスに合わせた画面遷移の変換や統合をゲートウェイで実施し、既存のシステムに手を加えることなくモダナイゼーションを実現するサービス。パソコン向けの画面から必要最小限の項目だけを抽出し、スマートデバイス特有のインターフェースに対応することで、スマートデバイスに適した画面と操作性を提供する。

スマートデバイスに最適化したイメージ

 また、個別に実施していた関連システムを一つの画面に統合することによって、ユーザーの作業効率の向上を図ることができる。さらに、ニーズの高い操作に絞って画面遷移を変換・統合することで、短期間・低コストで新たなワークスタイルを実現することが可能。同社独自のノウハウやライブラリを組み合わせることで、より迅速にサービスを提供できる。

関連システムの統合で作業効率化したイメージ

 セキュリティ面については、スマートデバイスを用いて社外で業務を行う場合、紛失・盗難による情報漏えいリスクが考えられるが、業務情報をスマートデバイスに保存しない機能をもつ製品「ProgOffice Enterprise」などと組み合わせることで、安全にサービスを利用することが可能となる。