ネットワールド(森田晶一社長)は、12月16日、Internet Explorer(IE)の旧バージョンのサポートが16年1月13日に終了することを受けて、IE8を利用する自社の基幹業務システムを、IE互換ブラウザ「LIBRA」と「VMware ThinApp(ThinApp)」による仮想化で、アプリケーションを改修せずに継続利用を可能にするプロジェクトに成功したと発表した。

 ネットワールドの基幹システム「CUVE」は、OSKが提供するERPパッケージ「SMILE ie」をベースに構築されており、クライアントはIE8までの対応となっていた。社内限定でIE8使用を継続することも検討したが、外部アクセスが可能なブラウザの旧バージョンを使用継続するには問題があった。また、CUVE本体を改修するには数千万円の費用が必要となり、基幹システムの機能や動作には問題ないにもかかわらず、最新ブラウザ対応のためだけに多額のコストを投じることは難しかった。しかし、ぜい弱性の問題から、旧バージョンのブラウザを残すことはセキュリティ的にも問題があり、移行費用をできるだけ抑えつつ、従来通りの業務環境を維持できる方策としてLIBRAの利用を選択した。

 LIBRAは、事前に信頼済みサイトに登録したサイトのみアクセスを可能とし、通常のインターネット接続を制限するため、特定の業務アプリケーションだけにアクセスするブラウザとして、セキュリティリスクを回避しつつアプリケーションを利用することが可能。これにより、互換問題とセキュリティの課題を同時に解消することができる。また、画面表示だけの問題であればLIBRA単体でも解決できるが、実際のウェブアプリケーションは、ActiveXなどでつくられたプログラムが動作しており、CUVEのベースとなるERPパッケージにはさまざまなカスタマイズが加えられていたため、VMwareのアプリケーション仮想化ソリューション「ThinApp」を組み合わせてこれらの互換性の問題を解決した。

 現状環境の分析作業を実施した結果、VisualBasic(VB)6ベースで開発されたOCXやActiveXコンポーネントに互換性の問題が生じ、これが正常動作の妨げになることが判明した。そこで、LIBRAとVB 6のランタイム、ActiveX、IEコンポーネントなどをThinAppで一つのexeファイルにパッケージング。これを利用することで、Windows 7上でも今までと同じようにCUVEを利用できるようになった。

 CUVE本体にはまったく手を加えずに済み、移行コストは全面改修を行う場合の約1/10で、構築期間はわずか2か月程度だった。また、販売、調達、会計などの基幹業務を行う社内のユーザーは、ThinAppで作成したexeファイルをファイルサーバーからダウンロードするだけで利用できるため、迅速に社内展開でき、システムのレスポンスなども以前と変わりなく、日々の業務も問題なく行われている。

 ネットワールドでは、基幹システムのCUVE以外にもIE8ベースの業務システムが社内に存在しており、順次LIBRAとThinAppにより移行を進める計画。

 なお、ネットワールドは、エンドユーザーのアプリケーション移行・延命のニーズに迅速に対応可能な体制を確立するために、アプリケーション開発で実績豊富なジャパンシステム(阪口正坦社長)との協業をすでに開始しており、今回の自社プロジェクトも同社との協業により実施した。今後両社は、今回のプロジェクトの成功実績を踏まえて、LIBRAとThinAppによるアプリケーション延命ソリューションの提案を強化していく方針。