東芝ソリューション(錦織弘信社長)は、府中市、府中市環境保全活動センターの後援を得て、12月8日に府中グリーンプラザで、東芝グループCSR月間行事として「環境フォーラム」を開催した。

 今回で10回目となる同フォーラムには、約400人(社内中継含む)が参加し、環境について考えた。当日は、「海の種」代表の金城浩二氏が「サンゴ礁がぼくに教えてくれたこと ~世界初の養殖サンゴの移植・産卵に成功した奇跡~」と題して講演を行った。

サンゴを通して抱いてきたさまざまな想いを語る講師の金城浩二氏

 講演では、沖縄のサンゴの大規模な白化を目の当たりにして、サンゴの養殖に取り組み始め、移植放流したサンゴの世界初の産卵に成功した貴重な経験や、内閣総理大臣奨励賞と環境大臣奨励賞を受賞してからの周囲と自身の変化などをもとに、サンゴを通して抱いてきたさまざまな想いを幅広く語った。講演後の参加者アンケートでは、「環境と人生について考えることができた」、「金城氏の生き方、あきらめない気持ちなど、納得できる内容だった」、「サンゴを通じて環境に関することを教えてもらった」などの声が寄せられた。

 東芝ソリューションは、府中市にソリューションセンターとプラットフォームセンターの二つの事業所があり、また、グループ全体で約4000人の社員が府中市内でICTソリューション事業に従事している。毎年、府中市で開催される環境関連行事に参加し、市民と交流を深めている。「環境フォーラム」は、東芝ソリューショングループの地域貢献の一環として、市民とともに環境保護の重要性を考える場として、今後も継続していく考え。