NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC、前沢孝夫社長)は、WebARENAの共用レンタルサーバーサービスの新しいサービスラインアップとして、WebARENAサイトアドバンスの提供を1月21日に開始した。

 WebARENAサイトアドバンスは、共用レンタルサーバーとしては他社に先駆けて、WordPressをはじめ特徴の異なる3タイプのウェブサーバー(WPWeb、ReadOnlyWeb、標準Web)を1アカウントで利用できるサービスを提供する。また、繰り返し行っていたような初期設定の手間やデータを公開する際に起こりがちな作業ミスの軽減をサポートする、テンプレート作成機能やサイトコピー機能も搭載している。

 税別価格は、初期料金が無料、月額料金が3500円。なお、有料の利用契約の前にサービスの性能や品質を確認することができる2週間の「無料お試しサービス」を提供する。また、リリースを記念して、月額料金を最大2か月無料(初月無料分を含む)で利用できるキャンペーンを、2月1日から5月31日までの期間限定で実施する。