クオリティア(松田賢代表取締役)は1月28日、企業向けのセキュアな「ファイル転送・データ共有のセキュリティ強化支援キャンペーン」を9月30日まで延長すると発表した。

 ファイル転送・データ共有のセキュリティ強化支援キャンペーンは、大容量ファイル転送・オンラインストレージサービスActive!drive SSを新規契約で利用するユーザーを対象に、同サービスをキャンペーン価格で提供するもの。通常、1アカウントあたり月額300円のところ、9月30日までの申し込みに限り、月額200円で提供する。

サービスイメージ

 Active!drive SSは、大容量ファイル転送・オンラインストレージを一つのサービスで提供し、“情報漏えい対策”と“データの一元管理”を支援する。さらに、容量追加オプションを契約すると、ファイルの保存期間に制限のない無期限ドライブも利用することができる。

 ユーザーごとの権限設定、ファイルの受け渡し期限やダウンロード回数制限などのセキュリティコントロール、ファイルの送信経路、データの共有場所、ユーザーの行動履歴・行動履歴の一元管理、さらにはSLAによる99.9%の稼働保証、24時間365日の専用ダイヤルによるサポート体制など、法人利用に最適な多くのアドバンテージを備えている。