クオリティア(松田賢代表取締役)は、地方自治体の顧客を対象に「メールサーバー新設支援キャンペーン」を、11月26日から実施した。

 「メールサーバー新設支援キャンペーン」は、地方自治体の外部向け専用メールサーバー新設を支援するために、ウェブメール内蔵のメールサーバー「DEEPMail」を40%OFFのキャンペーン適用定価で提供するもの。「DEEPMail」100ユーザー(初年度保守込み)を、キャンペーン適用定価として税別33万円(通常税別55万円を40%OFF)から提供する。

 キャンペーン期間は、16年9月30日までの申し込み分となる。

 DEEPMailは、独自開発の高速メールエンジンと多彩なウェブメール機能を搭載したシンプルなメッセージングソリューション。公共・文教・金融機関など2000万アカウント以上の構築経験をベースに開発され、大規模システムに対応する。RFC準拠のSMTPデーモンは、他社製のMTAとも連携可能で、顧客の要望に合わせてさまざまな環境への導入、既存サービスとの連携など、柔軟にカスタマイズして最適なソリューションを提供する。