クオリティア(松田賢代表取締役)は、メール誤送信防止製品Active!gateのマイナンバー対応の最新バージョン2.6.8を、12月3日にリリースした。

<保留ポリシー設定画面>

<保留メール確認画面>

 Active!gateは、送信メールの一時保留、添付のファイル暗号化から上司承認まで、“七つのアプローチ”でメール誤送信を確実に防ぐソリューション。今回リリースした最新バージョン2.6.8では、以前から実装している電話番号、住所、クレジットカード番号などに加え、マイナンバー情報の漏えい対策を新たに追加した。

 メールの件名、本文、添付ファイルに設定した件数以上のマイナンバー情報がある場合には、メールを「一時保留する」「送信拒否する」「上司承認をする」などのアクションに自動的に切り替えて、マイナンバー情報の外部への漏えいを事前に防止する。これにより、メールや添付ファイル経由のマイナンバー情報漏えいを確実に阻止する対策として、Active!gateを有効に活用できるようになる。