クレオマーケティング(大屋守弘代表取締役)は3月30日、会計・人事給与パッケージZeeMの今後の製品開発方針として、電子帳簿保存法と電子申請(eLTAX、eーGov)対応を充実化し、経理・人事部門のさらなる効率化を追求できる業務パッケージへと製品を強化していく方針を発表した。

 ZeeMは、中堅・大手企業を中心に2000社以上の導入実績をもつ会計・人事給与パッケージ。今回の製品強化は、平成28年度税制改正により、要件が緩和された電子帳簿保存法への対応や、利用環境の整備が進んできたeLTAX、eーGovへの対応を強化することで、導入企業のさらなる業務効率化とコスト削減を支援することを目的としている。

 製品強化を行うことで、国税関係書類の保存、社会保険の各種申請・届出などの電子化を促進し、作業工数の削減やペーパーレス化による輸送・保管コストなど、新たなコスト削減の可能性を拡大する。また、IFRSやマイナンバー制度など、法改正の影響が大きい経理・人事部門に対して、日常業務のさらなる業務効率化を図ることで、今後の法改正や業務改善に柔軟に対応していくための運用基盤強化につなげていく。

 同社では、具体的な強化内容を詰めるにあたり、必要要件の調査を始めるとともに、導入企業が運営する「ZeeMユーザー会」とも意見交換を行う。各機能の詳細、具体的なリリース予定については順次発表していく。