セゾン情報システムズ(内田和弘社長)は、16年夏に出荷予定のIoT対応製品「HULFT IoT」の先行検証版の提供を4月1日に開始した。

 HULFTは、ミッションクリティカル領域で国内外8000社以上で利用実績をもつ安心・安全なシステム間連携を実現するミドルウェア。HULFT IoTは、このHULFTのデファクトスタンダード品質をそのままに、IoT領域での信頼性の高いシステム間連携を可能にしたもの。HULFT IoTにより、これまでの「Computer to Computer」から「Device to Cloud」にシステム間連携範囲を広げることで、IoT領域での安全・確実なシステム間連携を実現する。

 同社では、今回提供する先行検証版を通じて、16年夏の正式出荷に向けた製品化プロセスを進めるため、先行20社による実証実験を予定している。