アマゾン ウェブ サービス(AWS)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(運営:アイレット、齋藤将平代表取締役)は、サーバーを必要としないイベント駆動型のプログラム実行環境であるAWS Lambda(ラムダ)を活用するための開発手法を記した『cloudpack サーバーレス開発ホワイトペーパー』をcloudpackのホームページで公開したと発表した。

 従来のシステムは、プログラムを動かすためのサーバーが必要で、AWSの仮想サーバー「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」を利用する場合でも1時間単位の課金が発生することや、待機時間が発生するシステムではAmazon EC2を稼働し続ける必要があった。

 一方、AWS Lambdaは、イベント駆動型のプログラム実行環境で、サーバーなしにプログラムを実行することができるため、サーバーコスト(Amazon EC2利用料金)を削減できることはもとより、運用や保守コストの削減、システム工数を減らす効果もある。また、プログラムを実行した実時間(100ミリ秒単位)と回数に対して課金される仕組みとなっているため、待機が多いシステムや負荷に緩急があるシステムではAWS Lambdaに移行することで、90%以上もコストを削減することができる。

 cloudpackでは、AWS Lambdaの登場をクラウド業界の大きなのターニングポイントと捉えており、今後のシステム運用を大きく変えていくコンピューティングサービスであると考え、今回「cloudpack サーバーレス開発ホワイトペーパー」を制作・公開する。

 このホワイトペーパーでは、より多くの人にAWS Lambdaについて理解してもらうことを目的として、AWS Lambdaのサービス的な位置づけ、特徴と仕組み、利用方法、cloudpackが手がけたAWS Lambdaの導入事例などを掲載している。