アイレット(齋藤将平代表取締役)は、同社が運営するcloudpackで、AWS(アマゾン ウェブ サービス)のAmazon CloudFrontを用いた「CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)専用プラン」の提供を、8月25日に開始した。

 CDN専用プランで利用するAmazon CloudFrontは、AWSが提供するCDNで、世界中にキャッシュサーバーを配置して、最短距離でコンテンツを配信するCDNとして利用することができる。これにより、サーバーの負荷を軽減することができ、安定・高速なコンテンツ配信を行うことが可能となる。

 CDN専用プランの料金体系は、Amazon CloudFrontのデータ転送量として、1GBあたり月額0.1ドルから利用可能。これにはHTTP・HTTPSリクエストの料金が含まれているため、AWSの通常価格よりも安価に利用することができる。

 また、cloudpackは、AWSサポートの最上位である「エンタープライズ」を契約しており、プレミアパートナーとして24時間365日のサポートを基本料金に含めて提供する。プランに含まれるcloudpackサポートでは、AWSサポートとの連携により迅速で正確なサポートを提供し、緊急性の高い問題やプロダクトに関する技術的な内容について、顧客の問題に対して即時性をもって解決を目指すことができる。