NEC(新野隆社長)は、PC利用時の強固なセキュリティ対策として、生体認証PCログオンソフトウェア製品「指ハイブリッド認証ログオン」と「NeoFace Monitor」を強化し、5月18日に発売した。今回の強化では、従来の指紋・指静脈認証や顔認証とパスワードを組み合わせることで、PCログオン時の認証強度を高める二要素認証を実現した。

 「指ハイブリッド認証ログオン(二要素認証対応)」は、指紋と指静脈の両方の生体情報とパスワードを組み合わせ、PCログオン時の二要素認証を実現する製品。PCからマイナンバーなどの重要情報にアクセスするなど、高セキュリティが求められるシステム環境でのPC利用者の厳格な本人認証に適している。

 また、「NeoFace Monitor(二要素認証対応)」は、顔認証とパスワードを組み合わせ、PCログオン時の二要素認証を実現する製品。ログオン時の認証に加え、ログオン中も一定間隔で顔認証を行う常時監視機能により、作業中の利便性や操作性を損なわずに利用者を特定できるため、共用端末などでのPCの不正利用の防止に適している。

 出荷開始時期は、2製品ともに5月31日を予定している。