グレープシティ(馬場直行社長)は、業務システム開発用ツール事業を通して培ってきたスプレッドシート、レポート、チャート作成の技術を結集し、セルフサービスBIツール「DragonFly BI」を新規事業製品として開発したと発表した。6月29日に日本市場で先行発売し、中国をはじめとした各国での販売を順次進めていく。

 DragonFly BIは、完全クラウドサービス型のBIツールで、すべての機能をウェブブラウザからのログインで利用でき、最新バージョンのアップグレードも自動で行われる。専用サーバーの構築やインストールの必要がないため、導入コストもメンテナンスなどの運用コストも最小限に抑えることができる。企業専用サイトの開設を行うだけで、アカウントをもつユーザーはあらゆるデバイスからDragonFly BIクラウドサイトにアクセスすることが可能となる。

 また、データ接続やデータセットも共有できるため、情報システム部門が分析に必要なデータをセットして必要な社員に共有することが可能。自身のアカウントに共有されたデータ接続やデータセットの更新頻度は自由に設定でき、分析に必要なデータを必要に応じて追加して新しいデータセットをつくることも簡単に行うことができる。

 さらに、同社のSPREAD技術をスプレッドシート機能として採用。Excelライクなスプレッドシートでは、表計算、テーブル作成、条件つき書式、Excel関数、ピポットテーブルなどExcelで利用頻度の多い機能のほとんどが利用可能となる。BIツールのデータをダウンロードしてExcelで行っていたような、計画修正、未反映データの補填、データ予測をDragonFly BIのスプレッドシートで行うことができ、BIツール上に集約したデータの再分散を防止。接続先の重要データを上書きすることなく、DragonFly BI上でデータの追加や編集ができるため、安心してさまざまなシミュレーションを行うことができる。

 同社では、5月26日から専用サイトでの情報発信、無料評価版(プレビュー版)の提供を開始。発売開始後は、直接販売だけでなくパートナーによる販売も強化していく。