HDE(小椋一宏社長)は6月1日、クラウドセキュリティサービス「HDE One」が、アマゾンウェブサービス、Box、Brightcove Gallery、cybozu.com、Dropbox、rakumo、TeamSpirit、X-point、Works Mobile、Zendeskの10種類の企業向けクラウドサービスに対応したと発表した。

 HDE Oneは、Microsoft Office 365、Google Apps for Work、Salesforceなどのクラウドサービスと連携して、情報漏えい対策・デバイス紛失対策・不正ログイン対策をクラウド上で実現するクラウドセキュリティサービス。今回新たに、アマゾンウェブサービス、Box、Brightcove Gallery、cybozu.com、Dropbox、rakumo、TeamSpirit、X-point、Works Mobile、Zendeskに対応した。

 これにより、一度の認証で複数のクラウドサービスにログインするシングルサインオン(SSO)環境の構築が可能となる。加えて、各クラウドサービスへのアクセス制限をHDE Oneで一元的に管理することができる。