シャノン(中村健一郎代表取締役)は6月23日、サイカ(平尾喜昭代表取締役、山田裕嗣代表取締役)と連携し、サイカが提供する統計分析エンジン「XICA adelie(アデリー)」をベースとした統計分析技術を用いて、マーケティングオートメーション「SHANON MARKETING PLATFORM(SMP)」に蓄積されたデータにもとづき、マーケティング施策の成果や成果に直結するコンテンツを評価するサービスを7月から提供すると発表した。

 今回提供する新サービスは、マーケティングオートメーションツールに蓄積されたデータを分析する「統計分析サービス」。最終コンバージョンした顧客が閲覧したウェブコンテンツの評価・分析が行うことができるほか、顧客が設定するマーケティング成果目標に対する、各種接点履歴(メール、フォーム、問い合わせ、活動履歴など)の影響度分析などを行うことができる。

 これによって、顧客は緻密で精緻な分析が可能となり、これまで把握が困難だったマーケティング施策の成果との関係性や施策同士の影響度などを明らかにすることができる。分析で得られた施策の再現性や仮説からスピーディに精度の高い結論を導き出し、施策改善や課題を解決するためのマーケターのPDCAをサポートする。