シャノン(中村健一郎代表取締役)は5月26日、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM(SMP)」で、SMP内のリードデータと広告データを紐づけ、より精緻な広告効果を測定するダッシュボード機能を提供すると発表した。

 「SMPは、マーケティングオートメーションと統合データ管理・活用を実現するクラウドアプリケーション。申し込みフォームや告知サイトの作成、セミナー/イベントでの申し込み・来場管理、キャンペーン運営業務やメール配信など、マーケティング業務全般の一元的な実施・管理を実現する。

 今回提供する「広告効果測定ダッシュボード機能」では、マーケティングオートメーションに蓄積されるリード情報と各種履歴データを広告データと紐づけることで、「商談化したリード」や「売上に直結したリード」など売り上げに直接つながった広告をリアルタイムで把握することができる。

 これにより、各広告施策での貢献度を明確にしたうえで、効果の高い媒体や施策への集中的なコスト投入や広告運用改善など、自社の広告投資の最適化を図ることが可能となる