アルプス システム インテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「InterSafe CATS」の新バージョンVer.4.5を6月27日に発売した。

 InterSafe CATSは、ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理にいたるまですべてクラウド上で行うため、容易に導入・運用することができる。社内のネットワークに接続していない持ち出し端末や、マルチデバイス(Windows/iOS/Android)に対応し、組織内外のウェブアクセス一元管理を実現する。

 今回の新バージョンでは、顧客からの要望に応え、管理者の運用負荷を軽減する各種機能を追加した。管理機能では、新規に導入する顧客が組織に適したポリシーでスムーズにフィルタリングの利用を開始できるよう、新たに「小学校」「中学校」「高校」「大学」「企業」「官公庁」向けのサンプルルールを提供する。

 また、管理画面から「カテゴリ確認システム」が利用できるようになった。これにより、特定のウェブサイトのURLがどのカテゴリに分類されているのかを管理者が確認することができ、ポリシー設定の追加・変更などに役立てることができる。

 さらに、登録できるグループ数の上限を500まで拡大し、多数の部門をもつ大企業やxSP事業者の管理性を向上するほか、プログラムの自動アップデート機能や管理画面からのクライアント証明書配信機能を追加し、運用管理の負担を軽減する。対応環境では、新たにAndroid 6に対応している。

 税別価格は、1年間5~99ユーザーで利用の場合、一般ライセンスが3000円から、ガバメントライセンスが2700円から、アカデミックライセンスが2400円から。