アルプス システム インテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」の新バージョン「InterSafe ILP Ver.4.5」を4月18日に発売した。

 InterSafe ILPは、「重要情報の保護」「外部デバイスへの不正持ち出し防止」「持ち出し後に備えたファイルの安全強化」「送信データの情報漏えい防止」など、多層防御による強固なセキュリティ対策を実現するソリューション。今回のバージョンアップでは、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」に自己復号型暗号ファイル「zip 形式」対応機能を追加した。

 新機能は、現在InterSafe IRMを利用している自治体などのユーザーからの要望に対応したもの。メールなどでファイルを添付する際、相手のメーラーの設定やセキュリティポリシーによって受け取り可能なファイル形式に制限がある場合を想定し、設定画面上で「zip形式」を選択できるようになった。パスワード付にすることで、よりセキュアなファイルの送信が可能となる。