華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン、王剣峰代表取締役社長)は7月4日、記者会見を開き2in1デバイス「HUAWEI MateBook」の発売とPC市場への参入を発表した。新商品はWindows搭載モデル。2in1デバイスおよびWindows製品の投入は、同社では初の試みとなる。

  CPUはいずれもインテル製でm3-6Y30、m5-6Y54、m7-6Y75の3種類、ストレージはSSDで128GBと256GB。OSはWindows 10のHomeとProとなる。カラーはグレーとゴールドの2色で、法人向けモデルとして販売するWindows 10 Pro搭載モデルはグレーのみ。

 市場想定価格は一番低価格モデルで6万9800円前後。ファーウェイ・オンラインストアのほか、全国の総合ストアや家電量販店、ECサイトで取り扱う。発売日は7/15(金)。

記者会見の会場前にはインテルやマイクロソフトのほか、イグアス、ソフトバンクC&S、
ダイワボウ情報システムなどからのお祝い花が並ぶ

 MateBookは「The new style of business」をコンセプトに、「スタイリッシュなデザイン」「卓越したモビリティ」「圧倒的な生産性」「シンプルで使いやすい」の四つを特徴の柱として設計。軽量性や大画面、高精細と省電力などにもこだわりをみせるほか、側面に取り付けられた高感度指紋センサへワンタッチするだけでロックを解除する指紋認証機能”ワンタッチ・アンロック”を搭載した。

 オプションとして7800円で提供する「HUAWEI MatePen」はワコムと連携して提供。タッチペンとしてだけでなくレーザーポインターやスライドページの送り/戻しも可能で、1時間の充電で約1か月使用できる。9800円で提供する「HUAWEI MateDock」はUSBポートやD-sub15ピン/HDMIでの外部出力、LANポートなど、さまざまなインターフェイスを一つのドックに集約している。1万4800円で提供する「MateBookキーボード」はブラック、ブラウン、オレンジ、ベージュの4カラー。

キーボードが装着された「MateBook」と、オプションとして提供される
「MatePen」「MateDock」

製品およびオプション一覧

現在予定されている販路一覧

 会見の冒頭に登壇したファーウェイ・ジャパン端末統括本部プロダクトソリューション統括部のコリン・コン本部長は、「ビジネスとライフスタイルの変化によってビジネスとプライベートが入り混じり、ビジネスパーソンが求めるものも変化している。スマートフォンメーカーとしてのノウハウを生かした新しいビジネススタイルの提供によって、日本のPCマーケットに新しい風を吹き込むべく参入する」と、日本におけるPC市場への意気込みを示した。

コリン・コン本部長(中央)と、会見に登壇したインテルマーケティング本部長の山本専執行役員(左)、日本マイクロソフトOEM統括本部の河野万那マーケティング部長(右)

会見終了後、囲み取材に応えるファーウェイ・ジャパンの呉波デバイスプレジデント。
詳細はこれからになると前置きしたうえで、「ファーウェイはWi-Fiルータのメーカでもある。
今後はそれらのノウハウを生かし、キャリアを販路とした展開も考えている」と語った