セゾン情報システムズ(内田和弘社長)は8月25日、コンカー(三村真宗社長)の出張・経費管理クラウド「Concur Travel&Expense」と、顧客が保有する自社の会計・人事システムなどとの連携に特化したソフトウェア「Connector for Concur&DataBridge」の提供を開始した。

 Concur Travel&Expenseは、クラウド型の出張・経費管理システムで全世界約4万社が利用している。利用に際しては、会計システムや人事システムなど複数の自社システムとのデータ連携が必要となる。多くの企業では、このデータ連携を行うために必要なシステム仕様の把握や作業工数の確保が課題となっていた。

 今回提供するConnector for Concur&DataBridgeは、国内2600社を超える導入実績をもつデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」をベースに、Concurとの接続に特化し、必要となる各種コンポーネントをパッケージングした製品。これを導入することで、GUI操作のみで自社システムとの接続やデータマッピング、データの変換などを行うことができる。導入後最短2日でConcurとの接続が可能となる。