米CA Technologies(マイケル・グレゴアCEO)は、オープンソース・ベースの継続的アプリケーション・パフォーマンス・テスト分野のリーダーであるBlazeMeterの買収について、正式合意に達したと発表した。取引条件は非公開で、買収手続きは今年末までに完了する予定。

 株式非公開企業であるBlazeMeterの買収によって、CA Technologiesは、DevOpsの製品ポートフォリオをさらに拡充することが可能となる。BlazeMeterは今後、テスト効率をさらに向上するとともに、アプリケーションの展開を加速するため、CAの継続的デリバリ・ソリューションとのシームレスな統合を進めていく。

 BlazeMeterが提供する商用、セルフサービス型の継続的アプリケーション・パフォーマンス・テスト・ソリューションは、Selenium、Gatling、Locustなどのオープンソース・ソフトウェア・ツールのほか、Apache JMeterとの完全な互換性をもっている。

 開発者とパフォーマンス担当エンジニアは、BlazeMeterのソリューションを導入することで、テストをアプリケーション・ライフサイクルのより早い段階で実施し、テスト・カバレッジを広げることができる。これによって、本番稼働直前になってパフォーマンスの問題に遭遇する事態を回避することができる、としている。