インターネットイニシアティブ(IIJ、勝栄二郎社長)とA10ネットワークス(A10、川口亨社長)は、プロキシサーバーのルーティングを自動化するソリューションを共同開発。その第一弾として、Microsoft Office 365(Office 365)の快適な利用環境を構築する「IIJクラウドプロキシ設定自動化ソリューション for Office 365」を11月21日に発売した。

 この自動化ソリューション for Office 365は、A10のアプリケーションサービスゲートウェイ機器「A10 Thunder シリーズ」のクラウドプロキシ機能を活用し、Office 365への通信経路を自動制御することで、運用の負荷軽減、プロキシサーバーの負荷分散を実現する。顧客は、「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft」と組み合わせることで、Office 365への通信を自動的に閉域網接続に振り分けることが可能となり、より安全性の高い、安定した通信環境でOffice 365を利用できる。

 通常、マイクロソフトが公開しているOffice 365のアドレス情報が更新されるたびに、手動での設定変更作業が必要となるが、APIを活用した独自機能により煩雑な更新作業を自動化し、運用負荷を軽減する。また、Office 365への通信は既存のプロキシサーバーを迂回し、別のプロキシサーバに振り分けるなど、通信の経路制御を自動で行う。Office 365によるネットワークの負荷を抑えることで、パフォーマンスの低下を防ぐとともに、プロキシサーバーの増強など設備投資コストの削減を実現。さらに、通信経路は自動で制御されるため、端末側の設定や通信経路の変更作業も不要となるとしている。

 今後、IIJとA10は、適用範囲をOffice 365以外のSaaSアプリケーションにも拡大し、生産性向上のための快適な環境を実現するソリューションを継続して開発・提供していく方針。