富士通(田中達也社長)と富士通マーケティング(FJM、藤田正美社長)は、ERPパッケージ「GLOVIA」の新シリーズとして、「Fujitsu Enterprise Application GLOVIA iZ」の提供を開始した。年商100億円~1000億円規模の中堅企業層向け製品で、経営情報の可視化機能を強化するとともに、独自のコミュニケーション機能を搭載しユーザーのワークスタイル変革促進を目指したほか、オンプレミス、クラウドのハイブリッド環境でのシステム構築・運用にも対応するなど、ERP製品としてのモダナイズを進めたかたちだ。富士通の村松勝・エンタープライズビジネス推進統括部統括部長は、「ERPのボリュームゾーンである中堅企業層向けに、グローバル大手のERPベンダーに負けない、強い基幹業務ソリューションを富士通として市場に打ちだそうと考えた。自信をもって提案できる製品になった」と手応えを語る。

富士通
村松 勝
統括部長
 従来、GLOVIAシリーズは、大企業向けの「GLOVIA SUMMIT」、中堅企業向けの「GLOVIA smart」、中小企業向けの「GLOVIA きらら」を主要製品としてラインアップしてきた。GLOVIA iZは、GLOVIA smartの会計、人事給与、生産管理を踏襲しつつ、新たに経営管理と販売管理モジュールを開発し、機能強化を図った製品だ。さらに、システム基盤も全面刷新し、データベース、マスタ、UIを統一。先行してクラウド対応などを進めたGLOVIA きららの基盤と共通化したため、例えばGLOVIA きららのユーザー企業が成長してGLOVIA iZにバージョンアップしようとした場合でも、カスタマイズした資産などを継承することが容易になった。また、GLOVIA smartは、業種特化型ソリューションとしてブランドを再定義して販売を継続する。

富士通マーケティング
渡辺雅彦
執行役員
 FJMの渡辺雅彦・執行役員GLOVIA事業本部長は、「GLOVIA smartはもともと、富士通グループ内に散らばっていた基幹系のソリューションを集めて業種別に並べて連携させるというやり方で立ち上がった製品。GLOVIA iZは、その中から汎用的に使ってもらえる会計、人事給与、生産管理という汎用機能を抜き出し、経営管理、販売管理を新たに加えて、複数業種で使える密結合型のERPを実現するというコンセプトで開発した」と説明する。

 GLOVIAシリーズ全体のブランド戦略は富士通本体が責任をもつが、富士通グループのSMBビジネスとパートナービジネスはFJMが一手に担っている。そのため、製品の営業やデリバリも分担しており、GLOVIA SUMMITは富士通が、GLOVIA smartとGLOVIA きららはFJMと富士通パートナーが担当してきた。GLOVIA iZもこの原則を踏襲し、「FJMが市場責任を負ってパートナーとともに拡販していくことになる」(渡辺執行役員)という。(本多和幸)