エイトレッド(稲瀬敬一社長)は1月31日、クラウド型ワークフローシステム「X-point Cloud」と、サイボウズ(青野慶久社長)の業務アプリクラウドサービス「kintone」との連携機能を3月28日から提供すると発表した。

 今回の機能連携で、kintone上でチームで行う顧客管理、商談・案件管理、予算管理、旅費管理などのさまざまな業務から、X-point Cloudの書類を自動起票することができるようになる。kintoneで入力、管理されるデータをそのままX-point Cloudに渡すことができるため、チームの業務と組織に必要な承認・決裁プロセスをつなげることができる。

 また、互いのデータを利用しあうことで効率的な情報管理ができるほか、X-point Cloudによる複雑なフロー制御と証跡管理により業務プロセスを可視化し、業務統制、内部統制の強化を図ることも可能となる。

 エイトレッドは今後、「働きやすい環境」を顧客に提供するため、ワークフローとさまざまなシステムとの連携を強化。連携ソリューションの提供を促進していく考え。