ニュース

ミラクル・リナックス、システム監視用バーチャルアプライアンスの新版

2017/03/17 14:51

 ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、VMware環境に特化したシステム監視用バーチャルアプライアンスの最新版「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0(MIRACLE ZBX VA 3.0)」を3月16日に発売した。税別価格は、年間サブスクリプションで60万円から。

 MIRACLE ZBX VA 3.0は、VMware環境のゲストOS、Zabbix、データベース、ウェブサーバーを一体型にした、システム監視用のバーチャルアプライアンス。ソフトウェアを最適化した状態であらかじめ構成しているため、インストールや煩雑な監視サーバー構築作業が不要となり、システム監視設定をすぐに開始することができる。

 また、運用業務を効率化するためのオプション製品「設定バックアップオプション」と「監視データ出力オプション」もバンドルしており、Zabbixをより便利に、より安心して使うことができる。人手不足に悩む中堅企業や中小企業の情報システム部門などでも運用効率を改善し、課題解決を支援する。
  • 1

関連記事

ミラクル・リナックスの「MIRACLE ZBX」、CTCSが採用

ミラクル・リナックス、FPGA活用で研究開発成果を公開

ミラクル・リナックス、Hatohol搭載の統合監視アプライアンス

外部リンク

ミラクル・リナックス=https://www.miraclelinux.com/

「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0」=https://www.miraclelinux.com/product-service/zabbix/lineup/virtual-appliance

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>