新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL、謝敷宗敬社長)は、「Oracle Cloud(オラクルクラウド)」を自社サービスとして販売を始める。NSSOLのクラウドサービス「absonne(アブソンヌ)」の新サービスとしてOracle Cloudをサービスに加えるとともに、客先に設置する“顧客専有型のパブリッククラウド”の方式でも提供する。

201704251746_2.jpg
写真右からNSSOLの大城卓取締役常務執行役員、日本オラクルの石積尚幸執行役副社長

 特徴的なのは、サーバーやストレージなどの機材を顧客データセンター(DC)に設置する顧客専有型のパブリッククラウドでも月額料金で使えることだ。NSSOLの大城卓・取締役常務執行役員ITインフラソリューション事業本部長は、「基幹系システムを中心に自社のDC内で運用したいと考えるユーザーは根強く存在する」とし、パブリッククラウドのように継続課金方式で使えて、なおかつ機材は客先に設置する選択肢をサービスラインアップに揃えた。

 すでにオラクル製品をベースに自社DC内で基幹系システムを構築しているユーザー企業が、「追加的にITリソースが必要になったり、ピーク時対応を柔軟に行う場合に最適」と、日本オラクルの石積尚幸執行役副社長は話している。客先に設置する場合、電気代は顧客負担となるが、設置費用については先払いにしたり、月々の利用料金のなかに含めたりと、販売パートナーとユーザーの商談のなかで決まっていくものとみられる。

 ユーザー企業は、NSSOLのabsonneサービスの一環としてOracle Cloudを提供する従来型のパブリッククラウド方式だけでなく、自社DCに機材を設置する方式で、なおかつ継続課金のabsonneサービスと同じようにOracle Cloudを使う選択も可能になるなど、より柔軟なOracle Cloudの活用が可能になる。NSSOLは、さまざまな形態のクラウドを一体的に運用していくサービスを展開することで顧客ニーズに応えていく方針だ。(安藤章司)