新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、筑波大学と同大附属病院の協力を得て、「デザインシンキング(デザイン思考)」によるシステム設計技法を確立させた。デザイン思考は、「人」の行動を起点とするもので、要件定義が難しい潜在的なニーズを定義するのに役立つ。図は、「デザイン思考」とその「対照的な考え方」をまとめたもの。前者は人に焦点をあてて、行動観察や定性調査によって、潜在ニーズを掘り起こすのに適しており、後者は従来の要件定義ありきのウォーターフォール型の開発手法に近い考え方だ。(安藤章司)