学校教職員などの教育関係者向けセミナー&展示会「第22回 New Education Expo 2017 in 東京」(NEE 2017)が6月1日に開幕した。主催はNew Education Expo 実行委員会(事務局は内田洋行/教育総合研究所内)で、東京ファッションタウンビルで6月3日まで開催する。大阪は6月16日から開催し、東京と大阪の両会場で1万2000人を超える来場者を見込んでいる。

201706011743_4.jpg
第22回 New Education Expo 2017 in 東京が開幕

 小中高大の学校教職員を対象にしたイベントで、1996年以来、今年で開催22周年を迎える。今年は入試改革、高等学校基礎学力テスト、学習指導要領の改訂など、教育現場の変化に合わせた70のセミナーを実施。小中高大の教職員、教育関係者165人が壇上に上がる。また、約140社の企業が展示を行う。
 
201706011743_5.jpg
展示ブース

 内田洋行の未来の学習空間「フューチャークラスルーム」では、現場の教員によるアクティブ・ラーニングやプログラミングのライブを開催する。最終日の6月3日には筑波大学附属小学校の生徒40人によるタブレットを使った公開授業を実施する。
 
201706011743_6.jpg
フューチャークラスルームで開催したライブセミナー