日本ソフト販売(中川慎二郎代表取締役)は、同社データリカバリーセンターで、軽度のデータ障害を対象にした格安・定額のデータ復旧プラン「FLAT-2」の提供を9月1日に開始すると発表した。

 FLAT-2は、ハードディスクやSSDの障害のうち、「ドライブの内容が見えない」「フォルダが突然消えた」「間違ってファイルを消した」などの症状を対象にしたプラン。例えば、パソコンに保管していた重要文書や家族の思い出写真などを誤って消してしまった場合にも、大切なデータを救出することができる。

 対象となるストレージは、購入日から5年以内、または製造年月が5年以内のシングルハードディスク(またはSSD)で、Windowsファイルシステム(NTFS/FAT/exFAT/ReFS)のもの。データ消失の種類は、論理障害が対象となる。

 データ復旧費用は、ディスク容量に関わらず一律2万円(税別)。8GBまでのデータ納品はディスク代が無料。また、次回以降のデータリカバリーサービス利用時に、見積額が10万円以上(税別)の場合に使える「2万円クーポン」を提供する。クーポンは3年間利用できる。