エプソン販売(佐伯直幸社長)は9月5日、スマートグラス「MOVERIO」が映画館向けの聴覚障がい者用字幕配信サービスに採用されたと発表した。9月9日から全国4劇場で、劇場公開作品「三度目の殺人」から貸し出しを行う。

 今回の取り組みは、バリアフリー上映のさらなる普及に向けて映画業界全体で進めてきたもので、エプソン、字幕表示アプリ「UDCast」の開発・運営を行うPalabra(山上庄司社長)、音響通信ソリューション「Another Track」を開発したエヴィクサー(瀧川淳社長)の3社が協力した。

 MOVERIOは、「両眼シースルー、ハンズフリー」が特徴。独自開発のシリコンOLED(有機EL)ディスプレイによるスクリーン感(表示枠)を意識させない映像表現が可能で、「字幕が空間に浮かんで見える」感覚で作品鑑賞への没入感を高める。音声を文字化して情報提供することで、より多くの人が映画鑑賞を楽しめるようになる。

 今後も同社では、蓄積した独創のコア技術・コアデバイスを結集し、顧客にこれまで考えられなかった映像体験を提供することを目指し、取り組みを進めていく考え。